万が一に備えた対策|交通事故で頼れる東京の弁護士とは

男の人

もらい事故の対処法

事故

東京で運転する機会がある人に是非とも覚えておいてほしいことが、もらい事故被害に遭った場合は弁護士を頼るべきだということです。万一の交通事故に備えて数多くのドライバーは任意保険に加入していますが、任意保険に加入するメリットの1つに示談交渉を代行してくれることがあります。交通事故でショックを受けているのに、その上、示談交渉をしなければならないとなると気が滅入りますから、示談交渉の代行は非常に有難いことです。しかし、東京でも保険会社が示談交渉の代行ができない交通事故もあり、それは、保険加入者の過失が0%の交通事故、つまり、もらい事故なのです。保険会社が示談交渉の代行をできない理由は、非弁行為を定めた弁護士法第72条に抵触してしまうからです。ただ、そういうことでしたら、弁護士ならば、もらい事故の示談交渉の代行ができるということになります。自分の過失が0%ならば、自分で示談交渉をしても大丈夫だと考えるかもしれませんが、決して、そう上手くは行かないものです。なぜなら、相手が任意保険に加入しているのであれば、示談交渉の相手は保険会社となるからです。知識も経験も豊富な保険会社の示談交渉術に立ち向かうことは困難ですから、自分に不利な示談が成立してしまう可能性が高くなります。また、相手が任意保険に加入していなければ、示談交渉に応じないことも考えられ、その場合、一切慰謝料なしということになってしまいます。従って、東京でもらい事故被害に遭った場合の示談交渉は、弁護士に委任することがベストな選択になるのです。東京には多数の弁護士が存在し、かつ交通事故に特化した弁護士もいるので、相談してみましょう。

違法金利での返還請求

計算

長年高金利で借金を返済していた方は過払いに該当するのではないか、と思われる方も多いのではないでしょうか。もしも過払い金返還請求を名古屋の弁護士に頼むことに決めた時は、シンプルな料金体制の、費用が良心的な弁護士事務所に依頼すれば、より多くの過払い金が戻ってきます。

婚姻関係の解消

割れたハート

離婚にあたっては慰謝料や養育費などが支払われないといったトラブルが発生しがちです。このようなトラブルを未然に防ぐには法律のスペシャリストである弁護士へ依頼をするのがベストです。弁護士ならばその知識と経験で間違いのない手続きをしてくれ、離婚後に発生しうるトラブルを未然に回避してくれるからです。

税金に関するプロとは

電卓

確定申告時の不明点は、千葉の税理士に相談しアドバイスを貰うことでスムーズに納税を終えることができます。また、税理士と業務契約を締結すれば確定申告書類の作成や税務署への提出も代行して貰うことができます。税に関する悩みは税理士に相談すれば解決することができます。