万が一に備えた対策|交通事故で頼れる東京の弁護士とは

ジャッジガベル
  1. ホーム
  2. 婚姻関係の解消

婚姻関係の解消

割れたハート

専門家に任せる手続き

離婚に際してはそれまで婚姻関係にあった夫婦がお互いに時間をかけて話し合い、双方が納得のいくかたちで婚姻関係に終止符を打つのが理想的なかたちとされています。しかし、場合によっては第三者を介さずに離婚の手続きを進めてしまったことで新たなトラブルへと発展してしまうこともあります。たとえば、夫婦のどちらかが相手に対して慰謝料を支払うという結論が出た場合、そのことを書面にして残さずに口約束のかたちのまま離婚したケースでは後になって慰謝料が支払われないなどのトラブルとなってしまうことがあります。また、仮に慰謝料について書面を作成してあったとしても、その書面が法的に効力を発効しないというケースもあり、このようなケースでも慰謝料が支払われないトラブルの要因となってしまいます。そのため、離婚の手続きを進めるにあたっては第三者として弁護士を間に入れたうえで婚姻関係の解消に向けた話し合いを進めていくのがベストです。なぜならば、弁護士は法律のスペシャリストであり、離婚の手続きや慰謝料の請求についての専門的な知識や手続きを豊富に持ち合わせているからです。そのため、弁護士に依頼をすれば離婚後にトラブルが発生したり、慰謝料が支払われないなどのトラブルを未然に回避することができます。また、お子さんのいる方の場合、養育費というものは離婚後の生活に欠かせないものとなりますが、この点に関しても弁護士に依頼をすれば後になって金銭的な問題で困るような事態を避けることができます。